目指せ!つるすべ素肌

医療脱毛とはどんなことをするのか?

医療脱毛とは、医療機関でする脱毛の事を言います。
美容整形外科や皮膚科などで施術を行っています。
施術の方法としてはまず、病院に行き医師とのカウンセリングが必要になります。
その時にどの部分をどうしたいかやどのような方法なのか、費用や日数などを相談することができまので疑問があれば確認することが大切です。
その後は医師による肌の状態チェックや毛の質、量などを確認して施術に入ります。
施術の方法はレーザーになります。
脱毛したい部分にレーザーを照射するだけなので心配はいりません。
専用のジェルを塗り器具によりレーザーを照射して、ジェルをふき取り、冷却パッドで冷却して、肌を整えるクリームを塗ります。
これだけなので時間もかかりませんし、肌へのダメージも少ないです。
毛周期と言う毛の休んでいる時があるのでそれに合わせて施術が必要になります。
医療機関ですので医師が施術してくれるので安心して施術を受けることができます。

脱毛医療には二種類の方法があります

女性にとってお肌のケアは大切なことであり、常に気を使うものです。
お肌ケアで脱毛方法も様々ですが、剃刀、テープ、毛抜き、クリームなどを使用して自己処理や、もはや価格の競争とも言える安価なサービス提供でのサロンと選択肢も豊富に存在しております。
その他に厚生省の認可を受けた機器を使用することが可能な医療脱毛がありますが、方法として大きく分けると電気針、レーザーの二つに分けられます。
電気針は、毛根の細胞を破壊するので、痛みと時間が伴いますが、効果は大きなものがあり、永久脱毛と言える唯一の処理方法でもあります。
レーザーでは、メラニン色素に作用する高周波で毛根の細胞を破壊して効果を得られる方法になりますが、まだまだ永久とは言い切れない方法でもあります。
また医療機関であることが、もしトラブルを起こしたとしても医師がすぐに対応してくれるので、信頼と安心がある分、女性にとって確実に毛を処理したいときに支持されているようです。

check

高校生で留学する
http://www.nexsis.jp/

最終更新日:2017/4/10